広いオフィスへ移転するなら会議室をレンタルにする

事業経営が順調に進むと社員の数が増えますし、オフィスを広くする必要が出てきます。そのために現在よりスペースの広い事務所へ移転することもあります。しかし移転費用がかかりますし、現在よりも事務所の経費が多くなります。経済状況が不透明な昨今ですから、なるべくコストは削減した方が事業運営のためにはいいのです。このような時は普段使っていない会議室を潰してオフィスを広げる方法があります。そして会議室はレンタルを利用するのです。

レンタル会議室の場所は会議の目的によって決める

レンタルなら必要に応じて借りることができます。例えば週の初めに必ず会議を行う場合は、その時間帯だけ長期契約を結んでおくと便利です。レンタル会議室を探す場合のポイントがいくつかあります。目的に沿った場所に借りるということです。例えば営業マンの会議のために借りるのなら、特に本社の近く出なくてもいいわけです。営業員が仕事始めや仕事終わりに立ち寄る時に便利な立地が一番いいのです。本社に立ち寄る時間を節約できます。

軽食のケータリングサービスやネット環境が必要

最近のレンタル会議室は設備やサービスが充実している所が多いですが、食事や軽食などのケータリングサービスがある所を選ぶと便利です。いちいち外食する時間を節約できますし、会議の時のお茶出しなどを女子社員に負担させることもなくなります。またオプションが充実していることも必要です。特にwi-fiなどのインターネット接続ができるような施設でないと不便です。FAXや固定電話なども会議には必要になりますので、それらが貸し出し可能なレンタル会議室を探します。

出張先の神戸で会議室をお探しなら、会議室のあるホテルがお勧めです。宿泊先もそちらにすれば移動時間も短縮できて便利です。