親族だけの結婚式のメリットについて

結婚式を行う場合に、親族だけを招待する結婚式もあります。

このように親族だけの結婚式を行うメリットとしては、参加者が皆、気心がわかっているために心温かな結婚式になりやすいという点があります。

一般的な結婚式の場合は、招待客が会社の上司であったり学生時代の恩師や仕事の関係者であるケースがあるために、参加者の人数も多くなり、それぞれの参加者に配慮をする必要も出てきます。

この点、親族が参加する結婚式は、気心がわかっているために余計な気を使う必要は少ないというメリットがあります。

参加者の顔がわかる結婚式となります

親族だけの結婚式を行うメリットとしては、参加者1人1人の顔がわかるために、細やかな配慮が出来る式となります。

大人数の式の場合は、参加者1人1人に挨拶することは時間的にも物理的にも困難なケースが多いですが、親族だけの結婚式の場合は、1人1人の参加者の顔が見える式であるために、1人1人の参加者に対して感謝の気持ちを伝えることが出来るというメリットがあります。

そのため、皆の思い出になる式になるというメリットがあります。

準備に時間と労力を使わなくて済みます

親族だけの結婚式を行うメリットとしては様々な事が挙げられますが、その1つとして挙式の準備に充てる時間と労力を短縮できるというメリットがあります。

具体的には、式の参加者に贈る引き出物などについては、多くの場合は選ぶ品物などを何にすれば良いかを迷うケースがあります。

参加者が多ければ多いほど、1人1人の趣向が違ってくるからです。

この点、親族だけの結婚式の場合は参加者1人1人の趣向がわかるケースが多いために、引き出物を選ぶ時に迷う時間を短縮できるメリットがあります。

少人数での結婚式というのは、アットホームな雰囲気が魅力となっており、招待客一人ひとりに対してきめの細かいおもてなしが可能です。