挨拶の段取りを決めておきましょう

結婚する際、いろいろな準備や挨拶が必要になります。その中でも一番重要なのが、両家の顔合わせです。

まず結婚すると二人で決めた後、それぞれの両親に挨拶に行きます。お互いの親に彼、彼女を紹介する最初の機会です。結婚の許しをもらう挨拶でもあるので、慎重に行うことが大切です。

その後、両家の挨拶になります。この会は結納のような役割もあるので、指輪や時計を贈り合うカップルもいます。また場所としては、ホテルのレストランなど少し硬い場所を選ぶと良いでしょう。

両家の顔合わせは二人がリードしましょう

両家の顔合わせは、お互いの両親を紹介し合う機会です。どんな生まれで、どんな人生を歩んできたのか、食事をしながら和やかに話し合いましょう。兄弟などが参加すると、家族のつながりもよくわかります。

そして、婚約指輪やお返しの時計などを交換しましょう。晴れて婚約関係になれる会でもあります。和やかに会話が進むよう、主役の二人は気を配りましょう。さらに、このレストラン代については、二人が負担しあって行うのが通常です。

結婚式までの準備もたくさんあります

両家の顔合わせを済ませたら、結婚式の準備です。結婚指輪を購入したり、式場を選んだり、やることはまだ続きます。大変ですが一生に一度のこと、幸せな忙しさです。

結婚式の日取りや場所に関しては、一応両親の希望も聞いておくことが重要です。式場の予約をしてから覆すのは大変なものです。親族などを呼ぶ披露宴を考えている人は、家族の要望を聞いておくとスムーズに進みます。結婚式は親も出資することが多いので、そういう点でも配慮しておきましょう。

結婚指輪で重要なのは、自分の指の太さに合っているかです。購入してから合わないこともあるので注意が必要です。