貧乏夫婦の結婚式事情~式場決め編~

今から10年前~ 若くして授かり婚をしたため貯金も結婚費用も無く、でもどうしても結婚式がしたい!憧れのウエディングドレスが着たい! それなら、自分達で結婚式を作ろう!と手作りアットホームな式を作る事になりました。 まず1番大事な式場は、いろいろ周り1番安く、なんと!マタニティープランのある所へ!式場代ドレス代タダ!というありがたいプランを使わせて頂く事になりました。最近の式場は授かり婚の方に優しく、良心的。式場スタッフの方と一緒に、体調や赤ちゃんの様子などに配慮してくださりながら準備する事ができるそうで、助かりますね。

貧乏夫婦の結婚式事情~準備編~

準備期間も短く、尚且つ安く!ウエディングアイテムは100円均一で揃うようになり、手作りしたり、ゲストの名前書きも自分達で行う事によりコストダウンをしながらも、愛に溢れる式をイメージしながら行いました。但し!唯一妥協しなかったのは引き出物!結婚式の引き出物に実用製がある物が入っていると嬉しいですよね!お金をかける所と、コストダウンする所にメリハリを付けて準備をしていきました。わからない事は式場スタッフも丁寧に教えてくださったので、わからない事はまず質問ですね!

貧乏夫婦の結婚式事情~当日編~

いよいよ迎えた当日、様々な思いを胸に式場入り。女性の憧れ白いウエディングドレスを着れた事は、一生の思い出になりました。どんなに大変な準備もこの瞬間に全て忘れてしまう女性も多いかと思います。マタニティープランという事もあり、式の最中もスタッフの方が付き添ってくれたりドレスも緩めに縫い直してくれたりと、サービスがしっかりしていたのにも感動しました!予算を抑えるために書いた名札も、来てくださった方々に感謝を伝える良いアイテムになったと思います。授かり婚で、低予算!それでも一生に一度の素晴らしい日に。

結婚式なら親族のみで挙げたいと考えている場合には、ゲストハウスやレストランをチェックしましょう。小規模だけどアットホームな結婚式を実現できます。